司法書士法人ひびき 八潮三郷

つくばエクスプレス八潮駅徒歩2分 埼玉 千葉 東京

会社・法人のお客様向け 司法書士法人ひびきのサポートメニュー

会社・法人の設立
会社・法人を設立することによって、個人事業とは異なる様々なメリットを受けることができます。
司法書士法人ひびきでは定款認証も登記申請もすべて完全代行しており、お客様のご要望に応じた形に会社の仕組みを作り上げることが可能です。もちろんアフターサポートもきっちり。
報酬はパッケージ化しており、費用も明確にしています。
いわゆる『格安設立代行』『設立代行0円』を謳い文句とするサイトとは違います。

会社登記
会社を設立した後は、会社の成長やステージに応じて、会社の内容を見直していくことが必要です。
こちらでは、会社設立後に比較的多い、下記の変更事項について説明します。
・商号の変更・目的の変更
・本店の移転
・役員の変更
・支店の登記
・定款事項の変更

増資・減資
会社のさらなる発展を目指すためには資金が必要です。安定した資金調達をし、経営基盤を強化するために行われるのが資本金の増加、いわゆる『増資』です。
増資にはいくつかの方法があり、金銭債権の現物出資(デット・エクイティ・スワップ、通称『DES』)という手法を使うことによって借入金を資本金に振り替え、財務状況を健全化することもできます。DESを利用することで、オーナー社長などの相続対策になることもあります。

主に事業再建を目的として行われるのが資本金の減少、いわゆる『減資』です。
減資は会社債権者との協調が何よりも重要です。

組織再編
いわゆるM&Aは、事業の拡大や業務提携のように攻撃的に使うことも、経営の合理化や節税対策のために防御的に使うこともあります。
『合併』『会社分割』『持株会社』など、経営戦略に有効な手段をご案内します。

事業承継(経営承継)
オーナー社長も、いつかは引退して後進に道を譲るときがやってきます。
事業承継をスムーズに行うために大切なポイントは何か、効果的な手法にはどのようなものがあるのか解説しています。

債権回収
経営の上で資金繰りは最重要課題であり、売掛金や貸金を回収できなければ会社にとって大きな損失になります。なるべくコストをかけずに回収するにはどうすればよいのでしょうか。
司法書士として提供できるサービスをご案内します。

契約書・議事録
(準備中)
取引先とのトラブルを避けるため、あるいは会社内部でのトラブルを避けるため、契約書などをきちんと作成し、合意事項をお互いに確認することの重要性が高まってきています。また、法令遵守(コンプライアンス)の観点からも、契約書・議事録の整備は重要です。
個々の契約書の作成から継続的なご相談(顧問)まで、お客様のご要望に応じたサービスを提供しております。

解散・清算
(準備中)
会社・法人を解散して清算したり、時にはM&Aを利用したりして、事業撤退をするときも様々な手続きが必要です。もちろんスムーズに事業撤退が完了できるよう、私達がサポートします。